実利性、還元性、即効性のある福利厚生として出張整体を、ご提案致します。

~従業員の皆様に喜ばれ、業務の質と効率をUPする、従業員支援プログラムです~

  • 一人一人の健康増進により、組織全体として業務効率を上げるお手伝いを行います。
  • 従業員の定着により、経験やスキルの流出を防ぎます。
  • 企業が職員をバックアップする事で、職場の求心力(従業員満足度)が高まります。
  • 企業と従業員の好循環を作り出し、組織としてより強くなります。
  • いままでの福利厚生の「コスト」が「投資」へ変わります。
  • 職員の燃えつき・体調不良による従業員の休職・離職対策。
  • 生産年齢人口の減少に伴う労働力不足対策(リスクマネジメント)
  • 従業員様の精神医療・福祉や介護保険、障がい者支援など                                                       福祉関係のご相談も可能です 【精神保健福祉士・ケアマネージャー】
  • 「福利厚生費」は、従業員様&役員様にとっても非課税(所得税 非課税)となります。
  • 無料体験会を随時行っております。

 

企業向けの出張整体を行う目的

日頃の疲労や痛みを解消し、職場の皆様が業務に専念できる安心安全な職場づくりのお手伝いを行っております。健康経営のサポートをさせて頂きます。

健康経営とは・・・企業の持続的成長を図る観点から従業員の健康に配慮した経営手法のことです。

 

~組織(チーム)で、生産性を高めるために~

心身の体調不良により、職員が【業務につけない、集中して業務ができない状態】になると、一連の業務の流れが滞ってしまい組織としてバランスが崩れ、生産性の低下につながります。

 

誰もが身体的・精神的疲労が理由で、業務ができないことを望んではいないでしょう

職種によっては、同じ姿勢を長時間保つ必要があり、体の一部を酷使し、職業病といわれるものもあります。

 

立ちっぱなしや座りっぱなし・パソコンなどで疲労する箇所は職業によってさまざまです。

本来、体は資産・資源であり、将来的に価値をもたらします。

しかし、関心を向けずに放置しておけば、生産的な活動をすることが難しくなってきます。

 

 

体の痛みや神経の不調により集中力が低下することで、業務ミスが起きたり、事故などによって長期離脱してしまうことは、組織(チーム)として望ましくない状態です。

しっかりと生産性を上げる仕事をやり遂げるには、しっかりとしたケアが必要です。

 

なぜしっかりとしたケアが必要なのか

日本人の睡眠時間は年々、短くなってきています。

仕事に猛進するあまり、眠る時間になっても神経が高ぶったままで鎮まらず、
「疲れているはずなのになかなか眠れない」という方も大です。

そこで、施術による、ON(交感神経)とOFF(副交感神経)の切り替えを、提案いたします。

何もしない状態では、ONとOFFを切り替えることは、非常に難しいと思います。

 

なぜなら、多くの場合、体をメンテナンスするという習慣が無いからです。

体をメンテナンスし、活動化の状態から、休息化の状態へ変化させる必要があります。

 

【あらゆる仕事において常に高いパフォーマンスを出す人は、心身の自己管理能力が高く、
常にベストな状態を保ち続けています】

 

しかし、多くの場合、仕事が終わった後も自己メンテナンスをすることは無く、
漫然と過ごして、明日の仕事を迎えます。

 

そのような状態では、疲れが溜まり、良い状態で業務に取り組むことは難しいでしょう。

 

自律神経のON(交感神経)とOFF(副交感神経)が切りかわらないので、
【休息をとっても・休んでも】、実際には疲れが溜まっていきますね。

 

休んでも、体の中は【交感神経優位のままであり、緊張や力みが継続】します。

 

本来であれば、自分の体のメンテナンスは自分で行うべきものですが、
資本となる体への関心が薄く、気合いと根性で身体を酷使して、仕事をし続けるという意識が一般的なようです。

 

仕事においては、精神的・身体的な痛みや不快を抑圧し、耐えることが、忍耐力と認識されている事が多く、【疲れがとれない】という状況を作っているように思います。

 

そこで、業務の生産性を向上する為に、
企業様と従業員様が一体となって最大限に人的資源の活用に取り組むことをお勧めします。

 

一体的に取り組むメリットについて

従業員様の5つのメリット

  • 定期的に施術を受けるため、体調を維持でき、良い状態で業務に取り組める
  • 自分で整体院を探したり、整体院まで行く時間や費用がかからない。
  • 個人で受けるより、費用が安い。
  • 職場で、一息つける楽しみな時間となる
  • 不安なく安心して、業務に取り組める。

 

企業様の5つのメリット

  • 職業病による不調に対策が打てるため、働きやすい職場となる
  • 体調のいい職員が増え、活気が出て、職場が明るくなる
  • 体調を気遣うコミュニケーションがとれる
  • 体調不良による離職率・休業率が下がる
  • 職員が喜び、感謝される。
  • ストレスチェック後の対応策として、ご利用可能。

 

従業員様と企業様、一体的に取り組むことで、メリットの相乗効果が生まれ、
業務の質と効率化が最大限引き出されます。これらは、業績に直結する可能性があります。

また、数字以上に、職員の仕事に対するモチベーション取り組み方に影響を与えるかもしれません。